EPLの効果は・・?

入れてから自宅への帰宅。

不思議なほど、直ぐに効果が出て来ました。

STの時は約5%混入。今回は8%入れたのです。

EPLの説明書では混入割合は3〜8%。初めて入れる時は多めにと成っています。

この差が、効果の出るまでの時間に係わったのかは不明ですがとにかく差が出ました。

一番違うのがアイドリング回転数。今まではオイルが十分に暖まっても1300〜1400rpm。

今回1500rpm弱まで上ってしまったのです。

メカノイズも減少。元々静かなエンジンだったのですが更に静かに。メカノイズの質も変っていますね。まろやかな音なのです。まろやかな音がする時は、間違いなく良い調子。がさついた音はエンジンの悲鳴です。

シフトのタッチも、走る程良い感じに。

要は、56000km走ったエンジンが、新車を下ろし当たりがついた頃のエンジンフィーリングなんですね。

もっとも、僕のハタカブ。下ろしたては最悪のフィーリングでしたが・・。

こんなエンジンが欲しかった。イエ、今迄でもかなり良い状態だったのですが、今回のエンジンと比べると・・・・・・・。

さあ、この調子を10000km続けられたら、EPLは本物ですね。

2010.12.18

BACK

inserted by FC2 system