意外な効果。

今年も暑くなって来ました。去年はエンジンのダレに悩まされました。スタート直後は絶好調。エンジンが焼けて来るとフリクションの増加を感じる。ピストンクリアランスが足らない所為と踏んでいます。

今年も其の傾向が出て来たな。と思っていたら明らかに去年より軽度。(特に長距離の時に顕著。)フーン、ピストンとシリンダーが減ったんだ。なんて思わないで下さい(笑)。其れ程走行距離は伸びていません。

じゃ、ナンデかなーーーー?

僕の考えは、クランクケースの内側から冷やしているのでは?

僕のハタカブにはPCVバルブを付けました。

クランクケース内の空気の入れ替えは従来よりもはるかに多いはず(と言うかノーマルは殆ど無い状態)。しかもクリーナーを通ったクリーンな空気がたっぷりと。

考えて見ると、悪い事は何も無さそう。ブローバイは再燃焼して地球にも優しいし。燃費は上がって、パワーも上がって・・・・・・・。

このまま、今年の夏を越えて見ようかなと、考えたり、でもヘッドは弄りたいし・・・・・・。楽しい悩みです。

2006.6.19

BACK

inserted by FC2 system